株式会社ソレア│企業情報株式会社ソレア│事業概要株式会社ソレア│環境とエネルギー株式会社ソレア│採用情報太陽光発電・オール電化jp
株式会社ソレア│環境とエネルギー
株式会社ソレア│環境とエネルギー
株式会社ソレア│地球環境
南太平洋ニュージーランドの北に位置し、9つのサンゴ島からなる国ツバル。

地球温暖化の影響である海面上昇によって、ツバルは国土のほとんどが沈むと言われています。

このままではこの島は水没してしまうのです。

この国の子供達は将来どこに住むのでしょう?

ツバルで生まれて生活をしてきた人たちの将来はどうなってしまうのでしょう?
国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第一部会は、「地球温暖化の原因の95%は二酸化炭素(CO2)など人間活動による温暖化ガス排出にある」とほぼ断定しました。同報告書は地球温暖化の具体的な影響として、今世紀後半までに北極海の海氷が晩夏にほぼ消滅する可能性もあると予想しました。
京都議定書は1997年に京都市で開かれた国連の気候変動枠組み条例第三回締約国会議で採択され、第一回拘束期間の温室効果ガスの排出削減義務は先進国全体で、1990年の排出レベルの5.2%減と定められました。具体的な削減量は国ごとに異なり、日本は同年比で6%減が目標です。しかし国内の排出量は逆に増えており、2005年度(速報値)は1990年比8.1%増と過去最高を記録しました。中でもオフィスビルなどの業務部門の排出量は42.2%増、家庭部門は37.4%増と、四割前後も増加しています。建物の床面積当たりの家電機器の普及台数が増えていることが主な原因だと言われています。
現在、地球の平均気温は14℃前後ですが、もし大気中水蒸気、二酸化炭素、メタンなどの温室効果ガスがなければ、マイナス19℃くらいになります。 太陽から地球に降り注ぐ光は、地球の大気を素通りして地面を暖め、その地表から放射される熱を温室効果ガスが吸収し大気を暖めているからです。 近年、産業活動が活発になり、二酸化炭素、メタン、さらにはフロン類などの温室効果ガスが大量に排出されて大気中の濃度が高まり熱の吸収が 増えた結果、気温が上昇し始めています。これが地球温暖化です。
2001年に発表されたIPCC第3次評価報告書によれば、温室効果ガス別の地球温暖化への寄与は、 二酸化炭素60%、メタン20%、一酸化二窒素6%、オゾン層破壊物質でもあるフロン類(CFCs、HCFCs)とハロン14%、その他(HFCs、PFCs、SF6など) 0.5%以下となっています。 つまり、石油や石炭など化石燃料の燃焼などによって排出される二酸化炭素が最大の温暖化の原因と言えます。 この二酸化炭素濃度は、1750年の280ppmから2005年の379ppmへと実に35%も増加しており、これは過去2万年で最大の増加率です。 また現在の濃度は過去2千万年で最高かもしれません。 このままでは、2100年には産業革命前の2倍から3倍以上の540〜970ppmへ増加すると予測されています。
1906〜2005年の傾向では、地球の平均気温は100年当たり0.74℃上昇しました。 これは2001年に発表されたIPCC第3次評価報告書で示されていた1901〜2000年の100年当たり0.6℃の上昇傾向よりも大きくなっています。 これを過去50年間の傾向で見ると、10年当たり0.13℃(0.10〜0.16℃)の上昇になっています。 これは過去100年の傾向の2倍近くになっています。 主として北半球のデータによると、過去1000年でこの気温の上昇スピードは最大、1990年代は最も暖かかった10年、1998年は最も暖かかった年でした。 特に過去50年の気温の上昇は、自然の変動だけではなく、人類が引き起こしたものと考えられます。 今後、温室効果ガス濃度上昇の結果、2100年の気温は1990年からさらに上昇すると予測されています。 IPCCの第4次評価報告書(2007)によると温室効果ガスの排出量が最も少なく抑えられた場合でも平均1.8度(予測の幅は1.1〜2.9度)の上昇、 最も多い場合は4.0度(予測の幅は2.4〜6.4度)の上昇と予測されています。 IPCC第2次評価報告書(1995)の1.0〜3.5度の上昇、IPCC第3次評価報告書(2001)の1.4〜5.8度に比べて、予測の確実性が高まるとともに、 最悪のケースが上方修正されました。
20世紀の間、海面は12〜22cm上昇しました。 今後、地球温暖化に伴う海水温の上昇による熱膨張と氷河などの融解によって、2100年までにさらに18〜59cm上昇すると予測されています。 21世紀の間、南極の氷床が融けるかどうかは現在の科学では確実な予測はできませんが、今後1000年では南極の西部の氷床が融ける可能性があり、 その場合海面は現在より3m上昇する可能性があります。





注)IPCC:気候変動に関する政府間パネルの略。1988年UNEP(国連環境計画)とWMO(世界気象機関)によって設立された。
株式会社ソレア│ホーム株式会社ソレア│お問合せ
株式会社ソレア│環境とエネルギー
株式会社ソレア│地球環境
株式会社ソレア│エネルギー